介護福祉士の資格取得方法

通信教育で介護福祉士になる

介護福祉士を働きながら目指したいという方も多いでしょう。

何しろ、今の日本は景気があまりよくありません。

そして、景気がよくないと、断行されるのがリストラです。

一昔前なら、不景気であっても、そうそう人がクビになるということはありませんでした。

「リストラ」という言葉自体、日本でこれほど使われていなかったのではないでしょうか。

しかし、現代は違います。

不景気になると、人員カットで人件費を削減するのが当然のことのようになっています。

また、今は安泰の企業であっても、いつ倒産してしまうか分かりません。

ですから、今安定した収入を得ている方でも、資格を取得して手に職をつけることを考えるのです。

介護福祉士は国家資格です。

また、高齢化社会の今、介護を必要とする方は増えることが予想できるので、介護福祉士の資格を取得しておけば、働き口で困ることがないと考える方が増えています。

そして、介護福祉士は通信教育でも取得することができるので、収入を得ながら手に職をつけたいと考えている方が、介護福祉士の通信教育に注目しているようです。

ただ、介護福祉士の資格を取得するには、現場での実習が義務となっています。

ですから、働いている方は、現場での実習カリキュラムがこなせるかどうか、しっかりと見極める必要があるでしょう。

働きながら通える夜間の学校もあるので、様々な学校に目を向け、資格取得にチャレンジしてください。