介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士とヘルパーの違いについて

介護福祉士とヘルパーの違が気になる方も多いでしょう。

ヘルパーとは訪問介護員のことで、介護福祉士と同様、介護をすることが仕事になります。

ですから、どちらも仕事内容に、それほど違いがありません。

それなのにも関わらず、ヘルパーではなく、介護福祉士になろうとする方が多いのです。

ヘルパーとの違いですが、まず、資格の基準が違うといってよいでしょう。

ヘルパーは、厚生労働省が認定している講習を修了したという「認定」資格です。

ですから、講習さえ受けて終了すれば、誰でも取得できる資格なのです。

これに対し、介護福祉士は国家資格です。

国が行っている資格試験を受験して合格しないと、取得することができません。

ですから、介護福祉士のほうがヘルパーよりも取得難易度が高い資格といえるでしょう。

そして現在、まずはヘルパーの資格を取得して福祉施設で働き、その後、介護福祉士の資格を取得する方が増えています。

実務経験3年以上で受験できるので、まずはヘルパーとして福祉施設で働くのです。

現在、国は、できることなら介護を仕事とする方々の資格を介護福祉士に1本化したいと考えているようです。

しかし、そうすると需要に供給が追いつかないので、なかなか1本化できないのだとか。

ただ、ホームヘルパー3級が廃止となったので、1本化の波は止まないことが予想できます。

そうなっても介護の現場で活躍するために、介護福祉士の資格を取得しようとチャレンジする方が増えています。