介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士の待遇

介護福祉士の待遇が大変気になるという方も多いでしょう。

何しろ介護職はハードで低賃金というイメージが、世間ですっかり定着してしまっているからです。

確かに、介護の仕事は大変ハードでしょう。

介護福祉士は、

  • 要介護者のトイレ介助
  • お風呂の介助
  • 食事の介助

など、身の回りのお世話をするのが仕事になります。

ですから、当然のことながら、夜勤もこなさなければなりません。

大企業の事務職の方々と比べたら、体力的に大変きつい仕事だと思います。

お給料に関しては、勤務している施設で異なってくるでしょう。

ある程度の規模の施設なら、夜勤手当、賞与など、一通りの待遇が揃っていると思います。

しかし、規模の小さい施設なら、それこそ社会保険、厚生年金ではなく、国民保険、国民年金かもしれません。

ただ、介護福祉士の資格を持っている方へのニーズは大変高いので、資格を持っていれば、良い待遇のところへ就職や転職しやすくなるでしょう。

また、介護福祉士の資格は、一生涯消えることがありません。

ですから、女性なら、介護職で一旦は正社員として働き、結婚、出産後、自分の都合に合わせてパートとして短時間労働することもできるでしょう。

資格を活かして自分の都合に合わせて働けるというのは、これからの人生、大変有利なのではないでしょうか。