介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護を主な業務としている方々のことです。

ですから、介護福祉士になると、福祉関係の分野で活躍することができます。

そして、この資格は国家資格なので、挑戦する方が大変増えているのだとか。

資格には大きく分けて国家資格と民間資格がありますが、国家資格は国が認定している資格のことで、民間資格は民間の1団体が認定している資格になります。

そして、国家資格はその資格を持っていないと、その業務に就くことができないことが多くあります。

その良い例が、医師免許でしょう。

医師は、国家資格の医師免許を取得していないと、医療行為ができません。

ですから、国家資格は取得しておくと、就職や転職に有利となります。

ただ、介護福祉士の場合、この資格を持っていなと福祉士施設などで働けないというわけではありません。

しかし、介護福祉士はより専門的な知識を持って介護にあたれるので、これからの時代、必要とされる資格です。

「社会福祉及び介護福祉法」という法律によって国家資格として位置づけられているぐらいですから、取得していて損のない資格でしょう。

また、日本は高齢化社会を迎えているので、介護福祉士の資格は老人福祉の分野で活かせることが大変期待できます。