介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士になるための勉強方法

介護福祉士になるための勉強法ですが、

  • 独学で勉強する
  • 学校へ通う
  • 通信教育を利用する

という3つの方法が主になるでしょう。

どの勉強方法にするかは、現在、自分がどのような状況に置かれているのかを踏まえて選ぶと良いと思います。

これから進路を決定しようとしている方なら、進学して学校へ通うという勉強法を選べるでしょう。

ただ、どのような学校へ進学しても良いというのではなく、介護福祉士を目指すなら、福祉が学べる学校を選んでください。

中学生なら福祉が学べる高校への進学を検討し、大学へ進学して介護福祉士になるのなら、福祉について学べる大学を選ぶと良いでしょう。

福祉系大学に進学した場合は、実務経験1年以上を積むと、受験することなく介護福祉士の資格を取得することができます。

高校が福祉を学べないところだったけれど大学進学は希望していないという方は、介護福祉養成施設へ2年以上入れば、受験することなく、介護福祉士の資格を取得することができるでしょう。

すでに高校を卒業してしまったという方は、卒業した高校で福祉が学べていたかどうかを確認してください。

福祉系の高校卒であれば、筆記試験と実技試験で資格を取得することができます。

ただ、平成21年以降に福祉系の高校へ入学した方は、新カリキュラムで学んでいるため、実技試験が免除される場合があります。

介護福祉士の資格を取得できる道筋は、いくつもあります。

ですから、今、自分がどのような状況にいるのかを確認し、勉強方法をしっかりと見極めてください。