介護福祉士の資格取得方法

介護福祉士の試験

介護福祉士の試験を受けるには、受験資格をクリアしている必要があります。

そして、その受験資格は、年度によって変わります。

ですから、受験資格の内容をしっかりと把握してから受験をしてください。

また、自分がどのような学校へ行っているのか、実務経験を活かして受験するのか、このことによっても資格取得までの道筋が異なります。

ですから、介護福祉士として活躍したいと考えている方は、今、自分がどの道筋をたどっているのかを把握してください。

そうしないと、資格を取得しようとしても、受験することさえできなかったという状況になりかねません。

まず、現在、福祉施設で働いている方は、実務を3年以上経験していることが条件になります。

そして、ここは大変注意してほしいところですが、平成27年度の第28回試験からは、実務経験に加えて実務者研修を修了していなければなりません。

ですから、現在、福祉施設で働いていて介護福祉士の資格を取得しようと考えている方は、早めの受験が賢明でしょう。

そして、高等学校で学び、介護福祉士にチャレンジしようと考えている方もいると思います。

また、すでに福祉が学べる高校を卒業し、実務は3年未満だけれど介護福祉士の資格を取得しようと考えている方もいるでしょう。

そのような方は、自分がいつ高校へ入学し、卒業したのかを確認してください。

それによっても、筆記試験への道筋が異なっています。